前へ
次へ

食事療法の内容について

食事療法とは食事量と内容のバランス、成分の調節で病気の療養と健康管理をする療法です。糖尿病や高血圧などを患っている人に対して行われます。糖尿病になっても厳しいわけでもなければ、何も口にすることが出来ないわけでもなく、栄養バランスと総摂取エネルギーを考えたもので、健康な人でも病気防止のために行うべきものです。基本的に必要以上のカロリーを摂取しないようにしつつ、栄養あるものを摂取していきます。エネルギー摂取量は年齢や性別、体格などでそれぞれ違います。このような違いを考慮しながら自分に合った摂取量を決め、療法を行う必要があります。食事療法で気をつけるべきポイントは、炭水化物とタンパク質、脂質の三大栄養素を偏らないように摂取することです。また、ビタミンやミネラルといった他の栄養素も欠いてはなりません。かかりつけの医者に内容を決めてもらい、指導してもらえば、食事療法を簡単に行うことができるでしょう。

Page Top